親業バックナンバー

Vo12

子どもの反発の背景にあるのは…

Vo11

対立を力関係で解決しない勝負なし法

Vo10

対立を勝ち負けで決めていませんか

Vo9

「話す」だけになっていませんか

Vo8

子供に対する怒りの気持ち、
どうしたらいい?

Vo7

子どもが自ら行動を変える「わたしメッセージ」

Vo6

困ったなと感じる子どもの行動を変えるには

Vo5

問題がおきたらそれはチャンスととらえよう

Vo4 

子どもの問題を親の問題にしていませんか?

Vo3 

子どもを支援する基本はまず聴くこと

Vo2

「学校へ行きたくない」と子供が言ったら・・・
Vo1

イライラしないで子育てしたい

親業講師

親業インストラクター 松永美佐寿

親業インストラクター 
松永美佐寿
(まつながみさえ)


大学を卒業後、電機メーカーの社員教育担当を経て、産業能率大学総合研究所に入社。
社会人向け学習教材の企画・編集を担当した後、フリーライターとして独立。
キャリア開発、人間関係、コミュニケーションなどをテーマに雑誌、書籍の企画、編集、執筆を手がける。
2004年に親業インストラクター(親業訓練協会認定)の資格を取得。
親業一般講座のほか、コミュニケーション研修のファシリテータとしても活動。
みんながハッピーになるコミュニケーションの普及に取り組んでいます。

「親業訓練協会」
松永美佐寿ブログ
おすすめの本

「親業」大和書房 
トマスゴードン著

下記著書の編集にも携わる
友達のつくりかた
「マンガで読む 大人も知らない本当の友だちのつくり方」
講談社
松本啓子、かなしろにゃんこ著

自分らしく生きる幸せのコミュニケーション
「自分らしく生きる幸せのコミュニケーション−人間関係を変える3つの方法」 
みくに出版 近藤千恵著

 
親業タイトル

「あなたメッセージ」では行動は変わらない

子育てで、イライラする理由の1位・2位を争うのは、部屋を片づけないとか、約束したことを守らないなど、「嫌だ」「困る」「変えてもらいたい」と感じる子どもの行動ではないでしょうか。
1度注意して行動を変えてくれればいいのですが、たいていの場合、いくら言っても聞いてくれず、親のイライラは募っていくばかり…。こうした悪循環に陥ってしまう原因の多くは、親のかける言葉にあります。
「ちゃんとやりなさい」「まったくだらしがないんだから」「〜しなさい」などなど、親のメッセージの中に非難や命令が入っているからなのです。人は非難されれば防衛的になるし、命令されれば反発したくなるものです。いい訳を言いたくなったり、ときには逆ギレなんてこともありますね。
こうした非難や命令が含まれているときは、主語はたいてい「あなた」になっています。「あなたはちゃんとやりなさい」「あなたはだらしがない」「あなたは〜するべき」と、あなたのことを言っています。ゴードン博士は、これを「あなた(YOU)メッセージ」と名付けました。
これに対して、主語を「わたし」にした言い方が「わたし(I)メッセージ」です。子どもが自ら行動を変えようという気になるのが、このわたしメッセージなのです。

3つの要素を入れた「わたしメッセージ」

子どもが行動を変える気になる効果的なわたしメッセージをつくるには、次の3つの要素を盛り込みます。

@子どもの具体的な行動(非難がましくなく、事実だけを述べる)

Aわたしへの影響(行動が与える影響)
Bわたしの感情(率直な自分の気持や感情)
例えば、掃除機をかけようと思ったら、小学校6年生の娘の靴下や洋服が、脱いだまま床に置きっぱなしで、イライラする…。この場面をわたしメッセージで伝えるとしたらこうなります。
「あなたが靴下や洋服を脱いで床に置いていると(具体的な行動)、すぐに掃除機がかけられなくて(わたしへの影響)、掃除するのも嫌になっちゃう。困っちゃうよ(わたしの感情)
こうしたわたしメッセージには、相手に対する非難や命令の要素は入りません。メッセージを受け取った子どもは、自分のどういう行動が、親にどんな影響を与えて、親はどんな気持になっているのかが、はっきりとわかります。だから「ああ、そうなのか」と、すんなりと言葉が耳に入ってきます。
わたしメッセージは解決策も含みませんから、「じゃあどうしようかな」と、子ども自身が考えることになるのです。「こうしなさい」と命令されてイヤイヤ動くのではなく、自分の意思で行動を変えようとするので、親子の関係も悪くなりません。また、自分の行動がもたらす相手への影響や感情を知ることで、思いやりを育てることにもつながっていきます。
講座では、「あなたメッセージ」と「わたしメッセージ」の違いを体験していただきますが、実際に口にして試してみると、その違いがご理解いただけると思います。
最初は慣れない言い方でぎこちないかもしれませんが、何度も練習していくうちに、すんなりと口から出るようになってきます。子どもの反応も変わってくるはずです。
ぜひ、試してみてください。