日本における「子どもの貧困」

貧困に苦しむ子どもが、日本にもたくさんいます

子どもの貧困は大きな社会的課題です。貧困は様々な事象の原因となります。

日本の子どもの貧困率は13.9%

日本の子どもの貧困率は13.9%(前調査から-2.4%)※1

一人あたり122万円/年で暮らす生活です。母子家庭の平均年収は270.3万円、全世帯では545.8万円、児童のいる世帯では707.8万円。OECD34ヵ国調査では、子どもの貧困率の平均は13.3%。

ひとり親家庭の子どもの貧困率は50.8%

ひとり親家庭の子どもの貧困率は50.8%。
2人に1人は貧困です。※1

OECD加盟33ヵ国中最悪です。

教育格差---
保護者の経済状況が子どもの学力に影響しています。※2

日本では教育にお金がかかるために、保護者が裕福だと子どもの学力が高く、保護者の収入が低いと子どもの学力も低いという結果が出ています。

1年間で99人の子どもが虐待で亡くなっています

1年間で99人の子どもが虐待で亡くなっています。※3

児童虐待のあった家庭のうち、「生活保護」「所得税非課税」など低所得世帯は約65%。また、児童養護施設入所児童の6割が虐待を受けていました。

少年院における新規収容者数出身家庭の生活程度で貧困層の割合は28.8%

少年院における新規収容者数出身家庭の生活程度で貧困層の割合は28.8%※4

犯罪が重くなるほど、家庭の貧困率も上がる傾向にあります。

  • ※1平成28年 国民生活基礎調査の概況 厚生労働省
  • ※2平成25年度 全国学力・学習状況調査(きめ細かい調査)の結果を活用した学力に影響を与える要因分析に関する調査研究
  • ※3「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について」社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会
  • ※4「「非行少年」たちの家族関係と社会的排除」法政大学大原社会問題研究所 岩田美香