活動内容

教育社会創造事業教育社会創造事業

社会のためになりたい、そんな人材を応援します。
教育社会創造事業では、以下のような活動を行っています。

ボランティア育成促進

[ガクボラ]貧困の連鎖を断ち切る学習支援ボランティア

国内の子ども支援活動をやってみたい大学生ボランティアを多数登録管理し、事務局が、子ども支援を必要としている施設、団体、学校、家庭などとマッチングすることで、日本国内の子ども支援事業を大幅に拡大し、困っている子どものサポートを行う事業です。

子どもの貧困や、教育格差が毎日話題に上る今、日本の子どもたちにもサポートが必要なことがようやく認識されてきました。特に、教育に多額の費用がかかる日本では、親の経済力の差が、子どもの学力格差につながり、それが不利な就職→貧困へとつながる、教育格差からくる「貧困の連鎖」が生じています。

勉強を見てくれる人が周りにいない、塾に通えない、何をどう勉強したら良いのかわからない、そんな状況の子どもたちに、[ガクボラ]に登録している大学生ボランティアメンバーが無償で勉強を教えたり、体験活動を共にすることで、子どもたちの可能性を広げるお手伝いをし、すべての子どもが希望を持てる社会を実現するために活動しています。

[ガクボラ]は企業(個人)→学生→子どもへのボランティアのリレーにより日本の子ども支援を活性化させます。

  • FOR 企業 (個人)

    社会貢献ニーズの高まり、また次世代育成支援対策推進法などにより、次世代育成に果たす企業の役割はとても期待されています。国内のこどもに関する様々な問題がクローズアップされている今、[ガクボラ]事業をともに造り上げ、支えていただくことで、御社のCSRを広く、強くアピールできます。また[ガクボラ]に登録した優秀な学生へのアプローチも可能です。

  • FOR 学生

    ガクボラメンバーとしてボランティア活動に参加することで、世代を超えたコミュニケーションのチャンスや、社会活動を体験できます。 ガクボラメンバー向けに開催される各種のセミナーや企業説明会などをとおして様々なスキルを身に付け、企業と接し、経験を積むことが就職活動などにも役立ちます。

  • FOR 子どもたち

    たくさんの学生が、子ども支援の担い手として地域に参加することで、たくさんの子どもたちが、体験活動や教育支援を受けられるようになります。施設の方、子育て支援団体の方、またPTAや学校支援地域本部の方々と協力して、ニーズにあった子ども支援を展開します。

ガクボラ 図

詳しい情報はこちら

[キッズウィンドウ]高校生によるボランティア(2014年度で終了)

日本の子どもの貧困問題を、もっと多くの人に知ってもらうためのアクションを起こしたいという思いから生まれた、東京を中心とした高校生有志のボランティアグループ。「高校生だからこそできること」をテーマに、さまざまな活動を行いました。

2011年から、被災した高校生を招いてシンポジウムを行ったり、募金活動を行うなど、東北のこどもたちが夢や希望を失うことのないように、こどもたちの心からの笑顔のために、復興支援活動も行いました。

詳しい情報はこちら, facebookページはこちら

子ども支援事業の運営サポート・コンサルティング

セミナー・イベント・ワークショップ・講演会の開催や相談、子ども支援活動のコンサルティングなど、様々な形で、「すべての子どもが夢や希望を持てる社会の実現」をめざして、日本国内での子ども支援活動をしています。

ワークショップ

NPO法人キッズドアでは、「子どもに本物の感動体験を!」をキーワードに、様々なワークショップ事業を展開しています。 子どもたちに接するのは、すべてそれぞれの世界で活躍する「プロフェッショナル」な方々です。 単なるインストラクターではなく、プロの世界で活躍する大人とコミュニケーションすることが重要だと私たちは考えます。 学校の授業はもちろん、イベントやお祭り、課外授業などで、子どもたちへの企画をお考えの際には、ぜひご相談ください。

キッズドア勉強会

企業、行政、NPO、地域などの枠を超え、子どものためにつながるために、ゲストによる講演と交流の時間をとった勉強会を開催しています。今後も幅広くテーマを設け、勉強会や交流会を開催していきます。勉強会や交流会のお知らせは、活動ブログやキッズドアメールマガジンにてお知らせいたします。

コラボレーション

NPO法人キッズドアでは、子ども支援活動を全国で活性化させるために、地域の団体やアーティスト、企業などと積極的にコラボレーションをすすめています。「子どものために何かやりたい!でもどうしたら良いかわからない!」という企業、行政、団体、アーティスト、個人の方は、どうぞNPO法人キッズドアにご相談ください。最も効果の高い施策を一緒に考え、実行します。