[ガクボラ]高校生プロジェクト キッズウィンドウ
子どもの貧困と聞いたとき、皆さんは何を思い浮かべますか??
アジアやアフリカのやせ細ったこどもたちの姿を思い浮かべる方が多いでしょう。
もちろん、その問題もとても大事なことです。
しかし今、私たちが住む日本も、約7人に1人の子どもが貧困状態にあり、OECDの調査でも日本は30カ国中12番目に子どもの貧困率が高い国となっていることをご存知でしょうか?
また、このような貧困から教育格差が生まれてきてしまっています。

[ガクボラ]高校生プロジェクト キッズウィンドウでは、まずこの現実を知ることから始めます。
そしてその現実を知った上で、自分たちで考え、高校生だからこそできることを主体となって、具体的に活動します。
私たちが、考え、そうした活動を行うことが、この問題の解決の手助けの一歩になるように頑張っていこうと考えています。

  • キッズウィンドウ プロジェクトリーダー  からのメッセージ
    こんにちは。「子どもの貧困」高校生プロジェクトのリーダーを務めます、河田紗弥です。
    子どもの貧困と聞いたとき、皆さんは何を思い浮かべますか??
    アジアやアフリカのやせ細ったこどもたちの姿を思い浮かべる方が多いでしょう。
    もちろん、その問題もとても大事なことです。
    しかし今、私たちが住む日本も、約7人に1人のこどもが貧困状態にあり、OECDの調査でも日本は30カ国中、12番目に子供の貧困率が高い国となっているということはご存知でしょうか。
    またこのような貧困から教育格差が生まれてきてしまっています。

    これからの日本の経済を担う子供たち、全員に教育の機会を平等に与え、貧困による教育の格差をなくさなければなりません。
    そこで私たち高校生にできること、それはまずこの現実を知ることです。
    そして現実を知った上で、高校生が主体となって、具体的に活動することによって、この問題の解決の手助けの一歩になるのではないかと考えました。

    最後に私がとても感銘を受けた詩を書きたいと思います。

    子どもたちが夢を持ったまま 生きていってほしいと願うから
    今僕らはここで何をすべきか 愛すべき僕らの 未来のため

    EXILE/愛すべき未来へ

    パワー溢れる高校生と、ともに頑張っていけることを願っています。

お知らせ
活動報告


[ガクボラ]に登録したい学生のみなさまへ
[ガクボラ]のしくみ [ガクボラ]の必要性
団体概要 募集中のボランティア