[ガクボラ]セミナー・交流会・イベント情報
[ガクボラ]にご登録いただいたメンバー、登録を考えていらっしゃる学生のための情報です。[ガクボラ]メンバーになると、セミナー、イベント等に無料や割引料金でご参加いただけます。
[ガクボラ]過去のセミナー・交流会・イベント情報はこちら → 2009年度以前 | 2010年度以降
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12
登録数:60件
1/12(日)13:00〜
子どもたちと一緒に考える被災地の復興支援 
==================================
東日本大震災子ども支援ネットワーク
子どもたちと一緒に考える被災地の復興支援
==================================
 

 東日本大震災後30か月がすぎた今、被災地でのおとなたちの住宅、就労、まちづくりなどが軌道にのらず、見通しの立たないおとなや地域の暮らしの中で、子どもたちにも疲れがでてきています。
 一刻も猶予のない子どもたちは何を感じ、自分の歩みをどのように続けているのでしょうか。そうした子どもたちに今後、私たちは何を支援しなければならないのでしょうか。
 私たちは、子どもの声を大切にし、被災地域の復興に子どもの声を反映させるためのあり方を、2012年1月に実施した第1回シンポジウムではおとなたちで考えました。2013年1月に実施した第2回では、被災後いろいろな形で寄り添ってきた子どもたち(高校生)が集い、大学生と一緒に支援の在り方について語りました。それから約1年。被災地で子どもたちは東京でのおとなとの対話を後輩につないできました。また岩手と宮城の子どもたちは福島の子どもたちともつながりました。その中で、来年もまた語ろうという希望が子どもたちから出されました。
 被災地の子どもたちは、東京の同世代や大学生、おとなたちに語ることで、新しい自分を見つけていきます。第3回にあたる今年も、この子どもたちの営みを支え、子どもたちの意見を受け止めたいと思います。
 私たちおとなは、その意見を聴き、新たな段階に入っている被災地支援について、子どもたちと一緒に考え、提言をしていきたいと思います。
 ぜひ、ご参集ください。

【詳細】

■日時:2014年1月12日(日) 13:00〜17:00(受付12:30〜)

■場所:東洋大学 白山校舎2号館16階 白山スカイホール
    東京都文京区白山5-28-20[地図]
    都営地下鉄三田線白山駅A3出口より徒歩5分/東京メトロ南北線本駒込駅1番出口より徒歩5分

■内容
   司会進行:荒牧重人(東日本大震災子ども支援ネットワーク運営委員 山梨学院大学教授)
        
        森田明美(東日本大震災子ども支援ネットワーク事務局長 東洋大学教授)

1.基調報告:東日本大震災における子ども支援の取り組みのこれまでとこれから:森田明美

2.被災地の子どもたちの報告と大学生・支援者との意見交換(3グループに分かれて意見交換)
  意見表明する被災地の子どもたち
   中学生(福島県いわき市)、高校生(岩手県山田町、宮城県登米市、宮城県三陸町)
   計13名(予定)、東洋大学社会学部学生
  ファシリテーター:林大介(東洋大学)、浜田進二(子どもの権利条約総合研究所)谷川由起子(NPOこども福祉研究所)

3.全体討議:3つのグループの報告を受けながら参加者と一緒に考えます

4.参加団体からのメッセージ
 *終了後、軽食をとりながら会費制の交流会を予定しています。(E-mailで、事前に申込みください)

■主催:東日本大震災子ども支援ネットワーク
■後援:東洋大学社会学部・東洋大学福祉社会開発研究センター
■協力:生活協同組合コープみらい、日興アセットマネジメント、NPOキッズドア、NPOこども福祉研究所

■問い合わせ先
 東洋大学白山校舎 森田明美研究室
 TEL・FAX 03−3945−7481  E-mail :info@shinsai-kodomoshien.net
1/26(日)
震災で広がる格差是正に挑む フードバンクセミナー@仙台
震災から2年10か月。
被災地では復興の遅れから生活環境が悪化、生活保護は増加を続け、格差社会が広がっています。特に困窮子育て家庭では、生活費の不足により、子どもの栄養不足の心配があり、食に関する家庭環境が十分とは言えません。
本セミナーでは、被災地でフードバンク食品を活用した生活支援活動を実施している団体
の取り組みをご紹介しながら、フードバンク事業の可能性を見つめます。また被災などの影響で困難をかかえる中学3年生へむけた、受験前の栄養改善キャンペーンも開催します。

【詳細】
■日時:2014年1月26日(日)13:30〜16:30(受付13:00〜)

■内容
第1部 13:30〜14:00
「震災から2年10か月、子どもの様子とキッズドアの活動」
特定非営利活動法人キッズドア 事務局長 片貝英行

第2部 14:00〜14:30
「食品ロスからフードバンクへ―重要性と効果―
 企業とNPO フードバンクによる連携」
特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN 理事・事務局長 高橋陽佑


第3部 14:40〜15:40
セッション:被災地で広がる子どもの貧困 〜食料支援と学習支援の現場をとおして〜
 ・特定非営利活動法人キッズドア 事務局長 片貝 英行
 ・特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN 事務局長 高橋 陽佑
 ・特定非営利活動法人POSSE仙台支部 吉田遼
 ・セカンドハーベスト・ジャパン 石巻プロジェクト 芝田雄司

 [質疑応答]15:40〜16:00

第4部 16:00〜16:30 ※任意参加
 ・交流会

■場所:仙台市市民活動サポートセンター セミナーホール(6階)
宮城県仙台市青葉区一番町4−1−3[地図]
地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ
市営バス「商工会議所前」徒歩3分

■対象者:企業、団体、個人、フードバンクに関心のある方

■参加費:無料

■定員:30名

■申込:
PC:http://ws.formzu.net/fgen/S46807505/
携帯:http://ws.formzu.net/mfgen/S46807505/

◆受験前の栄養改善キャンペーン開催
キッズドアでは、被災などの影響で困難をかかえるご家庭に対して、無料の学習塾[タダゼミ]を通して学習支援を行ってきました。その中で、中学3年生のお子様がいるご家庭に向けて、ふうどばんく東北AGAINと連携し高校合格の3月までフードバンク食品による家計応援事業を行っています。
受験シーズン到来に向けて、受験前の栄養改善キャンペーンとして、フードバンクへのご協力を募ります。
・配布地域:宮城県仙台市
・配布期間:2014年1月〜2014年3月 各月1回
・対象家庭:[タダゼミ]に参加する中学3年生のご家庭60世帯
(生活保護家庭10%、ひとり親家庭80%、その他10%)
※詳細はセミナーにて。
セミナーに参加されない方も、キャンペーンにご協力いただける場合はお問い合わせください。

■主催:特定非営利活動法人キッズドア
■共催:特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN
■ゲスト:特定非営利活動法人POSSE 、セカンドハーベスト・ジャパン
■独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

■お問い合わせ先
特定非営利活動法人キッズドア 担当:渡辺、松本
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5日本橋小網町ハイツ304
TEL:03-6231-1029、FAX:03-6862-6093 MAIL:info@kidsdoor.net
12月2日(月)
震災で広がる格差是正に挑む フードバンクセミナー 〜フードバンクで被災地の中学生の受験を応援しよう〜
================================================
緊急開催!
震災で広がる格差是正に挑む フードバンクセミナー
〜フードバンクで被災地の中学生の受験を応援しよう〜
================================================


震災から2年9か月。被災地に向けて広がっているフードバンク事業。
被災地では復興の遅れから生活環境が悪化、生活保護は増加を続け、格差社会が広がっています。特に困窮子育て家庭では、生活費の不足により、子どもの栄養不足の心配があり、食に関する家庭環境が十分とは言えません。
本セミナーでは、被災地でフードバンクを実施する団体や企業の取り組みをご紹介しながら、企業によるフードバンク事業の可能性を見つめます。また被災地の中学3年生へ、受験前の栄養改善キャンペーンも開催します。

【詳細】
■日時:2013年12月2日(月)19:00〜20:30(受付18:30〜)

■内容
第一部 19:00〜20:00 セミナー

@19:00〜19:20
特定非営利活動法人キッズドア 理事長 渡辺由美子
震災から2年9か月、子どもの様子とキッズドアの活動

A19:20〜20:00
特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN 理事・事務局長 高橋陽佑
・食品ロスとフードバンク
・フードバンクの重要性と効果
・フードバンク事業に参入する企業動向
・企業とNPO フードバンクによる連携
ゲスト セカンドハーベスト・ジャパン

第二部 20:00〜20:30 質疑応答、交流会

■場所:京橋区民館 2号室洋室 
東京都中央区京橋2-6-7[地図]
銀座線京橋駅下車6番出口 徒歩2分
都営浅草線宝町駅A5・A6番出口 徒歩2分
JR東京駅 徒歩15分

■対象者:企業、団体、個人、フードバンクに関心のある方

■定員:30名

■申込:
PC:http://ws.formzu.net/fgen/S46807505/
携帯:http://ws.formzu.net/mfgen/S46807505/

◆受験前の栄養改善キャンペーン開催
キッズドアでは2013年度、被災地の中学3年生のお子様がいる困窮家庭に向けて、高校合格の3月までフードバンク事業を行っています。
受験シーズン到来に向けて、受験前の栄養改善キャンペーンとして、フードバンクへのご協力を募ります。
・配布地域:宮城県仙台市
・配布期間:2013年12月〜2014年2月 各月1回
・対象家庭:就学援助を受けている家庭60世帯
(生活保護家庭10%、ひとり親家庭80%、その他10%)
※詳細はセミナーにて。
セミナーに参加されない方も、キャンペーンにご協力いただける場合はお問い合わせください。

■主催:特定非営利活動法人キッズドア
■共催:特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN
■ゲスト:セカンドハーベスト・ジャパン
■独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

■お問い合わせ先
特定非営利活動法人キッズドア 担当:渡辺、松本
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5日本橋小網町ハイツ304
TEL:03-6231-1029、FAX:03-6862-6093 MAIL:info@kidsdoor.net
10月24日(木)
教育資金準備のためのセミナー&相談会
==========================
あきらめないで!子どもの教育資金づくり
教育資金準備のためのセミナー&相談会
==========================

子どもの教育費が心配だけど、どうしたらいいのかわからない…。
そんな悩みを持つ保護者の方、教育関係者、子ども支援関係者を対象に、
大学進学や高校進学に向けた教育資金準備のためのセミナーを開催します。
セミナー後には先着6名様に個別相談会も行います。
ご一緒にお子様の教育資金について考えましょう!

■日時:10月24日(木)
セミナー 13:30〜15:00 (13:00開場)
相談会 15:00〜15:30(先着3名様)/15:30〜16:00(先着3名様)

■場所:
(足立)足立区生涯学習センター 5階研修室2
〒120-0034 東京都足立区千住5−13−5
(JR常磐線・東武線『北千住駅』より徒歩15分、都バス・東武バス『千住4丁目』より徒歩5分
 足立コミュニティバスはるかぜ(千住循環)『学びピア21前』)
http://www.adachi-shogakucenter.net/facility/index.html

■参加費:無料

■対象:
お子様を持つひとり親、生活保護受給者、
子どもの教育資金準備に不安を持つ保護者
教育関係者、困窮家庭のこども支援活動をしている方

■定員:25名

■内容
セミナー:@必要な教育費っていくら?―教育費の準備方法
A公的支援制度と私的支援制度教育費、困ったときの借入とは?
相談会 :おひとり30分、先着6名様限定!!
個別に教育資金準備に関するご相談に応じます。

◆主催:特定非営利活動法人キッズドア
◆共催:特定非営利活動法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
◆協力:足立区生涯学習センター
◆独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業



■申込方法
@申し込みフォームより。
PC:http://ws.formzu.net/fgen/S68033635/
携帯:http://ws.formzu.net/mfgen/S68033635/

Aメール・FAXにて
「教育資金準備のためのセミナー足立」と記載の上、
・お名前(ふりがな)
・ご住所
・電話番号            
・メールアドレスを
info@kidsdoor.netまたは、03-6862-6093までお送りください。

◆個別相談会参加希望の方は以下もご記入ください。
・参加希望時間 15:00〜/15:30〜(先着3名様)
・個別相談会で聞きたいこと

■お問い合わせ先
特定非営利活動法人キッズドア 担当:渡辺、松本
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5日本橋小網町ハイツ304
TEL:03-6231-1029、FAX:03-6862-6093
MAIL:info@kidsdoor.net
8月10日(土)
[タダゼミ] 第2回 Study Tour 〜無料学習支援活動の取り組みから見える、教育格差の背景〜 参加者募集!
日本の経済は未だ明るさが見られず、子育て世代の生活困窮も深刻さを増しております。昨年発表された日本の子どもの貧困率は15.7%(6.4人に一人が貧困)と高く、教育格差は,子どもたちの進学の夢や、将来の希望を奪う大きな原因となっています。

NPO法人キッズドアでは、2009年に学生ボランティア組織 [ガクボラ]を創設し、2010年夏より、低所得層の中学生を対象に無料の高校受験対策講座[タダゼミ]を開始しました。[タダゼミ]はメディアにも数多くとりあげていただき、今では全国で同様の試みが広がっており、また東日本大震災の被災地でも、弊団体を含め多くの方々が子どもたちを支えております。

[タダゼミ]も3年目となり、日々子どもたちと向き合う中で、「塾に行けないから低学力」なのではなく、家庭環境、経済状況などが複雑に絡み合った結果としての「低学力」であることを強く感じております。そこで今回、当該課題と本活動について理解を深めて頂き、併せて皆様からのご意見を頂戴するような場を提供させて頂こうと考え、実際に[タダゼミ]で活動を行っている学生ボランティアによるご説明の機会を持つこととなりました。この機会が当該課題と本活動に対する理解を深めて頂く一助となることを願っております。

ご興味をお持ちの方は是非ともご参加頂ければ幸いです。

■日時:2013年8月10日(土曜日)
1.13:00〜14:40 講義
 1)教育の現状〜子どもたちの置かれた状況を知る〜
 2)[タダゼミ]の意義〜貧困の連鎖を断ち切るために〜
 3)[タダゼミ]の沿革〜「これまで」を見つめる〜
 4)[タダゼミ]の現在〜困難を経た「今」を語る〜
 5)[タダゼミ]の展望〜「これから」を志向する〜
2. 14:40〜14:55 [タダゼミ]見学 
3. 14:55〜15:25 質疑応答

■場所:セシオン杉並第六集会室 (杉並区梅里1−22−32)
  丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分
または新高円寺駅下車徒歩7分

■対象:子どもの貧困や無料学習会にご興味のある方

■参加費:3,000円 ※当日受付にてお支払いください。お釣りの内容にお願いいたします。

■申込:下記フォームよりお申込ください。
 P C:http://ws.formzu.net/fgen/S89488867/
 携帯:http://ws.formzu.net/mfgen/S89488867/

■問合せ 特定非営利活動法人キッズドア  
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5
日本橋小網町ハイツ304
[タダゼミ]事務局 安池
Mail:info@kidsdoor.net
TEL:03-6231-1029
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12
[ガクボラ]に登録したい学生のみなさまへ
[ガクボラ]のしくみ 団体概要
支援が必要な団体様へ 募集中のボランティア