[ガクボラ]セミナー・交流会・イベント情報
[ガクボラ]にご登録いただいたメンバー、登録を考えていらっしゃる学生のための情報です。[ガクボラ]メンバーになると、セミナー、イベント等に無料や割引料金でご参加いただけます。
[ガクボラ]過去のセミナー・交流会・イベント情報はこちら → 2009年度以前 | 2010年度以降
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13
登録数:62件
2015年9月4日(金) 19:00〜20:30、土曜日 月1回〜
【説明会9/4(金)開催】NHKスペシャル、日経ビジネスオンラインに掲載☆都立高校での学習支援ボランティアスタッフ募集!
========================
\\緊急大募集//
キッズドア唯一の教育現場での学習支援 @足立区
土曜日 月1回〜
☆学習支援ボランティアスタッフ大募集☆
========================
NHKスペシャル、日経ビジネスオンラインに掲載されました!

東京都立青井高校は、経済的に厳しいご家庭が多く、
入学した生徒の約3割が中退をしてしまいます。
その背景にあるのは高校での過ごし方や卒業後の進路が見えず、
高校生活に価値をみいだせずやめてしまうということや、
中学校の英語・数学でつまずき、
それが原因で高校の授業についていくことが難しいといったことがあります。
また中には授業のもっと先を勉強してみたいという学習意欲が大きい生徒もいます。

そんな生徒たちの気持ちに応えるために、
2013年度より、部活動として土曜補習講座「まなぶ」を実施しています。
高校生たちの「学びたい」という気持ちを応援したい。
高校生たちの進路相談や高校生活の悩みをきいてあげたい。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

<説明会概要>
・日  時:2015年9月4日(金) 19:00〜20:30
・会  場:キッズドア ラーニング・ラボ東京
・アクセス:東京メトロ日比谷線 八丁堀駅A4出口下車 徒歩2分

<活動概要>
・頻  度:月に1〜4回 ※実施日は全て土曜日です。
・時  間:9:30〜13:00(指導時間 10:00〜12:00)
・場  所:東京都立青井高校
・アクセス:東武スカイツリーライン 五反野駅下車 徒歩12分
http://www.aoi-h.metro.tokyo.jp/cms/html/entry/56/3.html
・対  象:青井高校の1〜3年生
・内  容:国語・数学・英語の補習、定期考査対策、進学対策
(教材は生徒が各自持ち込みまたは基礎演習プリント使用)
・募集対象:大学生、専門学生、短大生、大学院生、社会人の方
・定  員:15名程度
・待  遇:交通費支給(上限1000円)

・申込方法:下記URLよりお申込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S12660030/

★こんな方に向いています
■教員を目指されている方
■出来るだけ多くの日程に参加できる方
■自分が主体的にプロジェクトを推進したいという方
■教育格差や学習支援ボランティアに少しでも興味のある方
■教えること、子どもと触れ合うことが好きな方

【問い合わせ】
特定非営利活動法人キッズドア
青井高校土曜補習講座「まなぶ」事務局 担当:小杉
〒104-0033
東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7F
TEL:03-5244-9990(平日のみ10:00〜18:00)
FAX:03-5244-9991
EMAIL:info[at]kidsdoor.net ※[at]を@に変えてご連絡ください。
8月24(月) 19:00〜21:00
トークライブ「子どもの貧困を考える」シリーズ2015 vol.3 〜みんなで考えよう!ひとり親家庭の子どもの貧困改善策〜
\トークライブ「子どもの貧困を考える」シリーズ vol.3/
===================☆★☆=★★=

みんなで考えよう!
ひとり親家庭の子どもの貧困を改善策

=★★===☆★☆================
日時:8月24日(月)19:00〜
お話:赤石千衣子さん
(NPO法人しんぐるまざーずふぉーらむ理事長)

NPO法人キッズドアでは、7月よりトークライブ「子どもの貧困を考える」シリーズを開催しております。同シリーズでは、子どもの貧困問題に取り組んでいる現場の方や研究者の方にお話しいただき、更にキッズドア理事長渡辺とのパネルディスカッションや客席と双方向のディスカッションを行って皆様とともに子どもの貧困問題を多方面から考えていく場にしていきたいと思います。

第3回は、NPO法人しんぐるまざーずふぉーらむ理事長、赤石千衣子氏をお迎えして、
ひとり親家庭の貧困についてお話しいただきます。

日本の子どもの貧困率は16.3%ですが、ひとり親家庭に限ると、子どもの貧困率は54.6%とさらに高くなります。これは日本独特の女性の就業構造、離婚時の養育費の不払いに加え、政府の制度設計が実態にそぐわなくなっているからです。

ハイリスクのご家庭を地域で温かく見守るにはどうすればいいのか?
私たちに何ができるのか?など、皆さんと考える場にしたいと思います。

ひとり親の子どもの貧困について考え、意見交換ができる絶好の機会なので、
ぜひ、奮ってご参加ください。

........................................................................

【日 時】8月24(月) 19:00〜21:00
【会 場】キッズドア・ラーニングラボTOKYO (東京メトロ日比谷線八丁堀駅徒歩2分)
      東京都中央区新川2−1−11八重洲第一パークビル7階
      TEL:03-5244-9990
【定 員】30名(先着順)
【参加費】3,000円(学生2,000円 当日学生証をご提示ください)
  
 ◆お申し込み:PC・スマホ用 http://ws.formzu.net/fgen/S35105551/
        携帯電話用   http://ws.formzu.net/mfgen/S35105551/

        メール pr@kidsdoor.net電話 03-5244-9990、 FAX03-5244-9991 に
     お名前、連絡先(携帯orメールアドレス)を送付

        

<講師紹介> 赤石千衣子

NPO法人しんぐるまざーずふぉーらむ理事長。1955年東京生まれ。非婚のシングルマザーになり、シングルマザーの当事者団体の活動に参加。その後婚外子差別の 廃止や夫婦別姓選択制などを求める民法改正の活動、反貧困ネットワークにかかわる。反貧困ネットワーク世話人。 『ふぇみん婦人民主新聞』元編集長。
平成27年8月下旬〜
<新>足立区竹ノ塚 居場所&学習室「学習ボランティア」募集
○学習ボランティア大募集○

8月から、足立区在住の中学生を対象とした学習支援が始まります!
学習室と居場所の2か所が同時に進行する新しいタイプの事業です。
一緒に子どもたちの勉強をサポートしませんか!?

【活動場所】
 日程:平成27年8月下旬〜オープン
    9月、学習会スタート
    毎日開講(火曜休み)
 活動時間:17時〜21時
 対象:中学生
 会場:竹ノ塚


こんな人をお待ちしています!
■勉強を教えるのが得意、塾講師などの経験を活かしたい!
■勉強を教えるのは自信がないけれど、子どもが好きで子どものためになにかしてあげたい!
■教員になるために、教育現場での経験を積みたい!
■人のためになることをしたい!
■新しいことに挑戦したい!
■一緒に何かに取り組む仲間がほしい!
■週に一度ボランティア活動をしたい!

中学生は曜日別で学習会に参加します。
居場所は登録中学生の出入りが自由なスペースです。
随時、ボランティア説明会を開催します。
興味をある方はお気軽にご連絡ください!
今は、参加できないという方もご相談ください。個別に対応させていただきます。


【ボランティア説明会】その他曜日もあります
 日時:8月7日(金)17:30〜
         @足立区NPO活動支援センター
         「梅島駅」下車徒歩8分(足立区梅田図書館1階)
    8月26日(水)17:30〜 
         @竹ノ塚    

【申  込】下記申込フォームからお申込みください。
      ※活動可能曜日にチェックを入れてください
      P C :https://ws.formzu.net/fgen/S60134907/  
      携帯:https://ws.formzu.net/mfgen/S60134907/

【応募資格】 大学生、大学院生、専門学校生
【報酬】 交通費往復実費支給(上限1000円)



=================================
■お問合せ■
特定非営利活動法人キッズドア
〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7階
TEL: 03-5244-9990 (平日10:00〜18:00) FAX: 03-5244-9991
MAIL: tokyo2@kidsdoor.net
担当/土井、西山
=================================
お気軽にご連絡ください。
8月10日(金) 19:00〜21:00
【イベント情報】トークライブ「子どもの貧困を考える」シリーズ2015 vol.2 子どもの貧困の背景 〜親が子育てを楽しめない社会経済環境〜
\トークライブ「子どもの貧困を考える」シリーズ vol.2/
===================☆★☆=★★=
子どもの貧困の背景
〜 親が子育てを楽しめない社会経済環境〜
=★★===☆★☆================
日時:8月10日(月)19:00〜
   お話:土堤内 昭雄氏 ニッセイ基礎研究所 主任研究員

NPO法人キッズドアでは、本年7月よりトークライブ
「子どもの貧困を考える」シリーズを開催しております。
子どもの貧困問題に取り組んでいる研究者の方や現場の方に
お話しいただき、更にキッズドア理事長渡辺とのパネルディスカッションや
客席と双方向のディスカッションを行い、皆様とともに子どもの貧困問題を
多方面から考える場にしていきたいと思います。

第2回は、ニッセイ基礎研究所 主任研究員土堤内昭雄さんをお迎えして
「子どもの貧困の背景〜親が子育てを楽しめない社会経済環境〜」について
お話しいただきます。
土堤内さんは主に少子高齢化・家族、市民社会・NPO、都市・地域計画を研究なさり、
更には世代を超えた社会的孤立や格差社会を解消するための社会デザインや
一人ひとりが「幸せ」に暮らすためのライフデザインに関する研究を行っています。

子どもの貧困や教育格差等についても多くのレポートを出していらっしゃる氏に
研究者の目から見た日本の問題を語っていただき、渡辺とのパネルディスカッションや
客席の皆様との活発な意見交換をしていただきます。
子どもの貧困問題を考え、さまざまな意見交換が出来る絶好の機会です。
是非ご参加くださいますようお願いいたします。

※次回は9月の予定です。
詳細が決まりましたらキッズドアのホームページ等でご案内いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日 時】8月10日(金) 19:00〜21:00
【会 場】キッズドア・ラーニングラボTOKYO (東京メトロ日比谷線八丁堀駅徒歩2分)
      東京都中央区新川2−1−11八重洲第一パークビル7階
      TEL:03-5244-9990

【定 員】30名(先着順)
【参加費】3,000円(学生2,000円 当日学生証をご提示ください)
  
  ◆お申し込み:http://ws.formzu.net/fgen/S35105551/
             〈PC・スマホ共有〉



< 講師紹介 > 土堤内 昭雄 (どてうち あきお)
1988年ニッセイ基礎研究所入社。「少子高齢化・人口減少とまちづくり」「コミュニティ・NPOと市民社会」「男女共同参画とライフデザイン」等に関する調査・研究、講演・執筆を行う。厚生労働省社会保障審議会児童部会委員等を務める。著書に、『「人口減少」で読み解く時代』、『父親が子育てに出会う時』など。


=================================
■お問合せ
特定非営利活動法人キッズドア
〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7階
TEL: 03-5244-9990 (平日10:00〜18:00) FAX: 03-5244-9991
MAIL: pr@kidsdoor.net 担当/廻、松井 
=================================
実施期間:2015年7月〜8月
\キッズドア夏の寄付キャンペーン実施中!/
\ 夏の寄付キャンペーン ! /
==============☆★☆=★★=
寂しい夏休みから、人生を変える夏休みへ!
子どもたちの夏期講習へのご支援をお願いいたします
=★★===☆★☆============

実施期間:2015年7月〜8月

☆目標金額100万円!☆

〜7/24現在、19万円4千円! 〜
※達成率は毎週、こちらのブログまたはfacebookなどでご報告致します!

【一口寄付のお申し込みはコチラ!】
http://www.kidsdoor.net/otona/kifu_sum.html



☆一口3000円よりお申し受け致します。
☆お支払いには銀行振込、郵便振替、現金書留、クレジットカードに対応しております。


【一口寄付以外のご案内】http://www.kidsdoor.net/otona/kif.html



〈夏休み、経済的に厳しい環境にある子どもたちは…〉
貧困状況にある子どもの保護者は、決して怠けているわけではありません。
例えば、子どもを産む時に正社員をやめてしまった女性は、いざ働こうと思っても正社員の職につくことが大変難しい。
その結果、パートの仕事を2つも3つも掛け持ちしても十分な収入が得られません。
もちろん、夏休みも働かなければなりませんし、子どもたちと旅行に行ったりする経済的な余裕もありません。
子どもにとってみれば、親が毎日仕事に行ってしまい、小学生は学校のプールなどの行事くらいしか予定がありません。
中学生も運動部などは道具やユニフォーム、遠征などにお金がかかるので、遠慮をして入らない。
給食がなくなるために、十分な食事がとれず夏休みに痩せてしまう子どももいます。
多くの子どもにとって楽しい夏休みも、つらい寂しい期間になってしまう子どもたちが 6人に1人の割合でいます。
キッズドアでは、夏休みに無料の夏期講習やイベントをします。
夕方あいている自習室も、夏休みは日中で開放時間も拡大。
ボランティアさんと一緒に勉強したり、話したり、実験したり、ご飯を食べたり。
何よりもたくさんの人との触れ合いの機会をたくさん作ります。
自分を支えてくれる人との出会いが、子どもたちの何よりの心の栄養であり、人を信頼する力が自分を信じる力になります。

寂しい夏休みから、人生を変える夏休みへ。

キッズドアの夏の活動を是非、みなさんで支えてください。



◆キッズドアとは…?
2007年より、すべての子どもが夢と希望のもてる社会の実現に向け「子どもの貧困」や「教育格差」を解決するため活動しています。教育機会の不平等を被りやすい子どもへ学習の機会提供として無料の学習支援を中心に行なっている団体です。詳しくは、キッズドアのホームページをご覧ください。http://www.kidsdoor.net/

===========================
■お問合せ
特定非営利活動法人キッズドア
〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7階
TEL: 03-5244-9990 (平日10:00〜18:00) FAX: 03-5244-9991
MAIL: info@kidsdoor.net 担当/浅井
===========================
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13
[ガクボラ]に登録したい学生のみなさまへ
[ガクボラ]のしくみ 団体概要
支援が必要な団体様へ 募集中のボランティア