[ガクボラ]セミナー・交流会・イベント情報
終了したセミナー・交流会・イベント情報です。お疲れさまでした!
これから開催予定のセミナー・交流会・イベント情報
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9
登録数:42件
2015年7月10日(金) 19:00〜
2011年4月 ご好評により全日程で定員に達しました
ボランティア向けメンタルケアセミナー【被災者支援の際に知っておきたいメンタルケアの知識】 ◎主催:NPO法人キッズドア 協力:fine-club.project、日本財団
東日本大震災でのボランティアをお考えの方のためのメンタルケアセミナーを開催します。

今回のセミナーは、被災者と接するときのメンタルケアの知識をセミナーとワークショップを交えて身につけられます。
講師のご協力のもと、想像を絶する災害に見舞われた方々に接する際に必要最低限な内容を2時間にまとめていただきました。
被災者支援ボランティアを考えている方であれば、どなたでも受講できます。
ボランティアの意志を、被災者にとってよりよい支援につなげるために、ぜひご参加ください。

なお、NPO法人キッズドアでは、今後、関東圏に避難してきた子どもたち、そして被災地の子どもたち(幼児〜高校生程度まで)を対象にした支援活動を実施して行く予定です。
本セミナーを修了した方から優先してボランティアを募って行く予定です。キッズドアのボランティアに興味のある方も、ぜひ受講してください。

※各回先着順、定員に達し次第閉め切りとなります。
=======================================
 ボランティア向け メンタルケア セミナー
 【被災者支援の際に知っておきたいメンタルケアの知識】
              ◎主催:NPO法人キッズドア ◎協力:fine-club.project、日本財団
=======================================
◎日 時: 4月14日(木) 19時00分〜21時30分  ※4/5定員に達したので締切ました
       4月16日(土) 13時00分〜15時30分  ※4/6定員に達したので締切ました
       4月22日(金) 19時00分〜21時30分  ※4/9定員に達したので締切ました
       4月24日(日) 13時00分〜15時30分  ※4/11定員に達したので締切ました
       4月28日(木) 19時00分〜21時30分  ※4/12定員に達したので締切ました
  ※現在、5月の実施日程と内容について検討中です。決まり次第、掲示いたします。

◎場 所: IFF(アイエフエフ)教育センター
      〒106-0044 東京都港区東麻布3-7-3 東麻布久永ビル 2階
      都営地下鉄大江戸線、東京メトロ南北線「麻布十番駅」6番出口徒歩 2分
                http://www.iff.co.jp/company/access.html
◎内容
■第1部 知っておきたいこと
 1:被災者との関わり方 2:ボランティアとしてできること 3:ボランティアに生じる心の変化

■第2部 セルフケア(自分をいたわること)
 1:なぜセルフケアか? 2:セルフケアの方法

■第3部 シェアリング・ワーク
 参加者同士で、今感じている事(ボランティアの参加意義や不安、この講座に参加して学んだことなど)を語り合う。

◎参加費
・高校生以下無料
・[ガクボラ]メンバー  1000R(アースデーマネー)または500円
・大学生  1,000円
・社会人  1,500円

◎定  員 :  40名

◎応募方法: ご好評により全日程で定員に達しました
  ※現在、5月の実施日程と内容について検討中です。決まり次第、掲示いたします。

*特典
このセミナー受講者は、キッズドアの《被災児童・生徒への遊び&学習支援等ボランティア・プログラム》に参加することができます。

キッズドアでは、被災地や、都内避難所・移住地域などへの派遣型の《被災児童・生徒への遊び&学習支援等ボランティア・プログラム》を実施する予定です。(詳細は近日中にお知らせします)
《被災児童・生徒への遊び&学習支援等ボランティア・プログラム》への参加は、当セミナーまたは、事前に同様のボランティア向けメンタルケアセミナーを受講していただきます。

【IFF・CIAP相談室 プロフィール】
阪神大震災のあった1995年にPTSDを含むトラウマの治療と研究実績を重ねてきた 精神科医・斎藤学が専門機関(家族機能研究所)を創設。その心理相談部門として1998年に設立され、現在、全国からの相談を受け付けている。

講師紹介
 大塚静子 :アライアント国際大学臨床心理大学院卒 臨床心理士。IFF・CIAP相談室カウンセラー。
 和知美江 :東京女子大学大学院卒 臨床心理士。IFF・CIAP相談室カウンセラー。
 片岡修雪 :東京国際大学大学院卒 臨床心理士。IFF・CIAP相談室カウンセラー

◎お問い合わせ
特定非営利活動法人キッズドア
entry@kidsdoor.net ※メールのみにて受付致します
件名を「メンタルケア」としてお問い合わせください。

なお、企業や団体、職場単位での講座をご希望の方は、
gakubora@kidsdoor.net まで、お問い合わせください。
ご希望に応じて、カスタマイズ致します。

【申込日の変更をご希望の場合】
変更希望日時に申込の上、コメント欄に「◯月◯日から、◯月◯日へ変更希望」とご記入ください。
こちらで変更前の申込情報のキャンセル手続きを致します。
すでに、締め切られている日時への変更はできませんので、ご了承ください。

◎主催:特定非営利活動法人キッズドア
    〒103-0027東京都中央区日本橋3-2-14日本橋KNビル4F
    http://www.kidsdoor.net/
◎協力:fine-club.project
    http://fine-club.com/project/
◎協力:日本財団
    http://www.nippon-foundation.or.jp/
2011年2月27日〜3月20日
「中学新3年生(現2年生)」向け 都立高校受験対策講座[タダゼミ]春期講習
塾に通えない、家庭教師がつけられないからと、高校入試対策をあきらめていませんか?
そんな中学3年生のために、大学生がみんなの都立高校受験対策をサポートする[タダゼミ]を2011年度も行います。

まずは「中学新3年生(現2年生)」向けに春期講習を実施します。 中学2年生までの学習内容(特に、英語と数学)を復習するために、2月20日から3月20日までの毎週日曜日に開催します。

勉強が苦手な子、何から手をつけていいかわからない子、ワンランク上の高校を狙いたい子、ぜひ、[タダゼミ]に来てください。 [タダゼミ]は、「絶対高校合格!」を目標に、たくさんの大学生が、2012年2月の都立高校入試までサポートします! まずは、お問い合わせください。

■タイトル:
大学生ボランティアによる無料の都立高校受験対策講座[タダゼミ]2011年度

■日時:時間は、いずれも13:00〜17:00(4時間)です。
    2/27(日)、3/6(日)、3/13(日)、3/20(日)
    ※教科の指導だけでなく、座談会、進路相談などを予定しています。

■会場:アビバコミュニティホール(スリープログループ内)
    東京都新宿区西新宿7丁目21番3号 西新宿大京ビル4階

■参加資格: 下記の全ての項目に該当する方
  ・都立高校を受験する意思がある中学新3年生(現2年生)
  ・経済的な理由から塾や家庭教師その他の有料教育サービスを受けていないこと、
   または、十分でないこと
  (ひとり親のご家庭、不況の影響やご病気で失業・休業中、子だくさんで多額の養育費、
   生活保護受給、母子支援施設入所中など、ご事情をお知らせください)
  ・会場まで自力で来られること(交通費は自己負担)
  ・今後の活動の参考にするため、アンケート調査にご協力いただけること
  ※ メディアの取材が入る場合がございますので可能な範囲でご協力ください。


■問合せ方法:下記のいずれかの方法でお問合せください。
       お問合せ受付後、事務局より確認のご連絡をさせて頂きます。

・問合せフォームの場合
  PC: http://ws.formzu.net/fgen/S62451957/
  携帯: http://ws.formzu.net/mfgen/S62451957/

・電話、FAX、メール、郵送のいずれかの場合
 下記申込先に以下の内容をお伝えください。*は必須項目です
  1) 生徒のお名前 *
  2) 保護者のお名前 *
  3) 住所
  4) 連絡先(ご自宅電話番号、携帯電話番号等)*
  5) メールアドレス(ある方のみ)
  6) [タダゼミ]に参加したい理由(簡単で良いのでご家庭の状況など)*
  7) [タダゼミ]を知ったきっかけ

【お申込先&お問合せ先】
特定非営利活動法人キッズドア [タダゼミ]事務局
◎電話:03-5201-3899  担当:片貝、渡辺
◎FAX:03-5201-3712 「タダゼミ2011」に参加希望 と明記のこと
◎メール:件名を「タダゼミ2011」として entry@kidsdoor.netへ
◎郵送:〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4階 キッズドア[タダゼミ]事務局行
2011年2月15日(火)18:30〜
『子どもHAPPY化計画的 幸福論(総論)〜経済・社会・ココロのバランス〜』
=======================================================================
     『子どもHAPPY化計画 ワールドカフェ☆2011-1st☆』
      〜子どもHAPPYな未来をイノベーションする〜

『子どもHAPPY化計画的 幸福論(総論)〜経済・社会・ココロのバランス〜』
  ◆2月15日(火)18:30〜@東京ミッドタウン 開催のお知らせ◆
=======================================================================

毎回、参加者から大好評の『子どもHAPPY化計画 ワールドカフェ』!!
2011年もスタッフ一同、知恵を絞り、様々な企画を検討していますので、
どうぞご期待ください。
さて、2月15日のワールドカフェでは、「幸福」について考えます。
「幸福とは何か」という深いテーマを短い時間で論じることはできませんが、
考えるきっかけにしてもらえればと思います。


大学生、高校生、教育・福祉関係者はもちろん、テーマに興味のある方、
子どもHAPPY化計画の活動に興味のある方、ワールドカフェに興味のある方、
どんな方でも大歓迎です!!皆さんの参加お待ちしています。

なお、参加には、申込が必要ですので、下記をご参照の上、お申込下さい。
子どもHAPPY化計画のHPやブログからも、お申込ができます。
お申込はお早めに!!

========================================================================

◆2011年 第1回ののテーマは、
『子どもHAPPY化計画的 幸福論(総論)〜経済・社会・ココロのバランス〜』

プログラムのはじめに、
内閣府経済社会総合研究所 主任研究官 高橋 義明氏に、日本の子どもや若者
が置かれている状況を踏まえつつ、「経済・社会・ココロのバランス」とは
いかにあるべきか、「幸福論」も交えたプレゼンテーションを行います。

その後、私たちが希求する「幸福」とは何か、参加者同士でオープンな会話
を行います。
現状に対する批判や不満だけではなく、自由な視点で会話していただきます
ので、みなさまぜひ、お気軽にご参加ください。
リラックスした雰囲気のなかで会話できるように、テーブルにお飲み物や
お菓子もご用意させていただきます。

========================================================================

<日本の幸福感の現状>
平成22年4月に、内閣府が公表した『国民生活選好度調査』によれば、日本の
幸福感の平均値は10段階評価で「6.5」。幸福感に影響する要素は、@健康、
A家族関係、B家計状況が3 大要素となっています。
健康は自身のこと、家族は最小単位のコミュニティ、そして、健康と家族、
そのどちらも維持するためには、家計単位でのお金も必要ということでしょう。
同年6月18日に閣議決定された「新成長戦略」では、「新しい成長および
幸福度(well-being)について、調査研究を推進し、関連指標の統計の整備と
充実を図る」とあります。
国際的にも、新しい指標となる「幸福度」は注目を集めています。

<幸福度と幸福感の相関関係 子どもHAPPY化計画的視点>
かのアリストテレスの時代も、人々は、「幸福」とは何かを考えていました。
誰もみな幸せになりたいと思って生きています。
不幸になりたくて生きている人はいません。では、幸せとはなんでしょう。
どういうときに人は幸せだと感じるのでしょう。一人一人の幸せを測ることは
できません。
けれども、幸せと感じる社会的な尺度(モノサシ)がなければ人は幸せを実感
できないかもしれません。社会保障など様々な制度が、私たちが幸福と感じる
尺度に合わせて設計されていなければ、私たちは、幸せを実感できないかも
しれません。一方で、幸福経済学によれば、所得上昇が幸福感に結びつかない、
いわゆる『幸福のパラドックス』があるということです。

幸福度と幸福感に相関関係があることは否定できません。
経済、社会、ココロのバランスが崩れてしまうと、幸福を実感しにくい社会に
なってしまうでしょう。
子どもHAPPY化計画では、『子どもHAPPYな社会』には何が必要なのか、一から
真剣に考えたいと思います。
『子どもHAPPYな未来』は、『子どもも大人もHAPPYな社会』なのですから。

=======================================================================
参加申込はこちらから
PCはこちら→ http://ws.formzu.net/fgen/S27892863/
携帯はこちら→ http://ws.formzu.net/mfgen/S27892863/
=======================================================================

◆開催概要&お申込

・テーマ:
『子どもHAPPY化計画的 幸福論(総論)〜経済・社会・ココロのバランス〜』
・主催:子どもHAPPY化計画
・協力:特定非営利活動法人キッズドア
    (財)日本産業デザイン振興会・インターナショナル・デザイン・
    リエゾンセンター
・日時:2011年2月15日(火)18:30〜21:30(受付開始:18:00より)
 ※ワールドカフェは21:00まで
 21:00以降は交流タイム(名刺交換など交流の場としてご活用下さい)
・プログラム:幸福論についてのプレゼンテーション(50分)
       参加者同士によるディスカッション(休憩含め100分)
・場所:東京ミッドタウン・タワー5F(デザインハブ)
    インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
    http://www.liaison-center.net/wordpress/?page_id=725 
・定員:30名(先着順)
・参加費用:¥1,500(社会人)、\500円(学生)
      ガクボラ学生・ガクボラ登録予定学生は無料です
・申し込み:
  PCはこちら→ http://ws.formzu.net/fgen/S27892863/
  携帯はこちら→ http://ws.formzu.net/mfgen/S27892863/
・問い合わせ:(メールアドレス)info@kodomohappy.com

・備考
※諸般の状況によりプログラム内容を一部変更する場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※当勉強会は参加者同士の交流を目的の一つとしていますが、
特定の宗教・団体等の勧誘はお断りさせていただいていますので、
予めご了承ください。

=======================================================================
◆詳細は
HP:http://www.kodomohappy.com/events/index.html#event_worldcaffe5
ブログ:http://ameblo.jp/kodomohappy/entry-10764555874.html

当日お会いできることを楽しみにしております。

=======================================================================
子どもHAPPY化計画とは、
2009年4月「脱!日本の子どもの貧困サバイバル大作戦」を発端に様々な
メンバーで構成されているボランティアグループであり、シンクタンク
です。
2009年には勉強会を、2010年以降はワールドカフェスタイルで幅広い世代、
職業、立場の人に向け、日本の子どもの現状についての情報を発信して
います。
わたしたちは、『子どもHAPPYな社会』は『子どもも大人もHAPPYな社会』
の理念の下、活動しています。

http://www.kodomohappy.com/index.html
2011年3月5日(土)@新宿アビバコ Powered by [ガクボラ]カレッジ
第4回 Real Talk Cafe 【教育者×ワカモノ】「明日から出来る[ガクボラ]プロジェクト」〜 [タダゼミ]に『学び合い』を 〜
年始に、朝日新聞朝刊(全国版)第1面に[タダゼミ]が載ったインパクトは、大きかったですね。

★「貧困救う学びの場―教育あしたへ7」 http://bit.ly/fYZecN

先日は、フジテレビの「とくダネ!」さんでも取り上げて頂きました。
今回は、その[タダゼミ]を題材として、ディスカッションします。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
 ★第4回 Real Talk Cafe 【教育者×ワカモノ】★
 「明日から出来る[ガクボラ]プロジェクト」〜 [タダゼミ]に『学び合い』を 〜
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

■参加資格:
  □すでに[ガクボラ]へ登録しているワカモノ
  □[ガクボラ]への登録を検討しているワカモノ

■開催の趣旨:
  □[ガクボラ]の学生が集結して、
  □[タダゼミ]の改善アイディアや新規プロジェクトをを創出し、
  □「明日から出来る」学力格差への解決策を考えます。

■参加するメリット:
  □現役教師と話せる!
  □いつもは会えない[ガクボラ]の学生にたくさん会える!
  □自身の関わる[ガクボラ]プロジェクトのアピールが出来る!
  □[タダゼミ]の成果を振り返られる!
  □今後の[ガクボラ]へ物申せる!
  □ディスカッションの経験が積める!

■参加予定ゲスト:
  □公教育の場での実践者! 小中学校教師
  □『学び合い』研究の本場! 上越教育大学の大学院生
  ※その他、まだまだ粘り強く開拓中!!

◎「よし、参加してみるか!」という方:
  早速、登録フォームへお進み下さい。
  ・パソコン用: http://ws.formzu.net/fgen/S68276802/
  ・携帯電話用: http://ws.formzu.net/mfgen/S68276802/

【プログラム概要】
■日時:
  3月5日(土)13:00-19:00 
  □12:00から昼食会あり(任意)
  □19:30から懇親会あり(任意)

■会場:
  アビバコミュニティーホール(スリープログループ内)
  東京都新宿区西新宿7丁目21番3号 西新宿大京ビル4階
  http://www.threepro.co.jp/company/add_tokyo_gm.html
  ◆JR新宿駅:徒歩7分 ◆東京メトロ丸ノ内線西新宿駅:徒歩5分

■参加費:
 ・[ガクボラ]メンバー 無料!!
 ・[ガクボラ]メンバー以外 500円

■当日の進行予定:
第0部:昼食会
 <12:00-13;00>  お弁当を持ち寄って、仲良く昼食会♪
第1部:具体的な活動紹介
 <13:00-14:20>  1.[ガクボラ]の概要、2. FAP プレゼンテーション
  3. SSP プレゼンテーション、 4.[タダゼミ]プレゼンテーション
  5.『学び合い』プレゼンテーション  
第2部:Real Talk Cafe 本番
 <14:30-14:50>  ゲスト紹介、議題説明、問題提起
 <15:00-16:00>  ディスカッション(1回目)
 <16:00-17:00>  発表(1回目)、質疑応答
 <17:00-18:00>  ディスカッション(2回目)
 <18:00-19:00>  発表(2回目)、ゲスト講評、アンケート記入
第3部:懇親会
 <19:30-22:00>  議論の場所を移して、ワイワイと懇親会♪

【補足事項】
★「Real Talk Cafe」とは:
  □「ゲスト」と「ワカモノ」が“本音”で“リアルタイム”に語り合う企画です。
  □日本の貧困問題を解決していくための斬新なアイディアを協力して生み出し、
   プロジェクトを通して改良し、具体的な政策立案に挑みます。
  □実際の様子は下記URLからどうぞ。http://bit.ly/h7FO1I
★[タダゼミ]とは:
  □学習塾へ通えない中学3年生を対象に、
  □都立高校受験対策を無料で行っています。
  □一年目で推薦合格者をぞくぞくと輩出中!
★参考記事:
  「教育格差をなくそう!」
  大学生が動いた"ガクボラ"社会貢献プロジェクト http://bit.ly/hld81j


◎「よし、参加してみるか!」という方(再掲):
  早速、登録フォームへお進み下さい。
  ・パソコン用: http://ws.formzu.net/fgen/S68276802/
  ・携帯電話用: http://ws.formzu.net/mfgen/S68276802/

【お問合せ先】
特定非営利活動法人キッズドア 事務局
◎電話:03-5201-3899  担当:片貝
◎住所:〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4階
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9
[ガクボラ]に登録したい学生のみなさまへ
[ガクボラ]のしくみ 団体概要
支援が必要な団体様へ 募集中のボランティア